整形外科 佐倉市 リハビリテーション リウマチ ヘルニア

永松整形外科 佐倉市
診療案内 腰痛 リハビリテーション
一般整形外科
小児整形外科
スポーツ整形外科
外傷
リウマチ科
巻き爪の治療
リハビリテーション科

インフォメーション リハビリテーション
マッケンジー法について
足底板療法について
よくあるご質問
名物先生Q&A
院内風景
リンク集

医院案内 佐倉市
医院紹介・アクセス
問診表
院長挨拶
プライバシー・ポリシー

永松整形外科TOP >> 【インフォメーション】名物先生Q&A

No. 質問内容 質問者
10 右下肢静脈瘤と言われました。
今のところ固いストッキングを履いていれば良いということでしたが、他にどんな治療法があるのでしょうか。
55歳 女性

下肢静脈瘤は女性に多く、年齢とともに頻度が増えて、特に妊娠をきっかけに起こることが多いようです。

無症状のことが多いですが、ひどくなると、下肢痛、だるさ、皮膚潰瘍、湿疹を伴います。
足の静脈はつま先から太ももの方向に心臓に戻るように流れます。
表面と深部の静脈には逆流しないように弁があるのですが、この弁が機能しなくなって、逆流し、ふくらはぎの表面に血が溜まり静脈瘤ができます。

軽症の場合は、弾性ストッキングで静脈血が還流して戻ることを促します。

静脈瘤が大きかったり、美容的な側面からも硬化療法が選択されることもあります。
これは直接、静脈に硬化剤を注射して静脈をぺしゃんこにします。潰瘍、色素沈着などができて症状が重い場合は、ストリッピング手術といって、直接、静脈を引き抜いて切除する手術が選択されます。確実に治療するためです。

COPYRIGHT(C)2009 永松整形外科 ALL RIGHTS RESERVED.