整形外科 佐倉市 リハビリテーション リウマチ ヘルニア

永松整形外科 佐倉市
診療案内 腰痛 リハビリテーション
一般整形外科
小児整形外科
スポーツ整形外科
外傷
リウマチ科
巻き爪の治療
リハビリテーション科

インフォメーション リハビリテーション
マッケンジー法について
足底板療法について
よくあるご質問
名物先生Q&A
院内風景
リンク集

医院案内 佐倉市
医院紹介・アクセス
問診表
院長挨拶
プライバシー・ポリシー

永松整形外科TOP >> 【インフォメーション】名物先生Q&A

No. 質問内容 質問者
11 3年前から両膝の変形性膝関節症で近医で診てもらっています。
最近テレビなどでも、歩くと膝の症状が軽くなると言っていましたが、本当ですか。

歩行するだけでは、なかなか良くなりません。変形性膝関節症は膝関節の軟骨が磨り減って失われていく病気で、多くは退行変性によるものです。 

その際、軟骨、半月版、靭帯の負担を少なくするためにふとももの前と後ろの筋力訓練、ストレッチを行います。また、膝関節に体重の負荷がかからなくなると、骨もやせてくるので、状態に応じた歩行訓練も行います。

痛みの強い人は、机に手をついて足踏みをします。
徐々に痛みが少なくなれば、少しづつ散歩に移行し、時間を増やしていきます。

症状に応じて、ヒアルロン酸の注射、投薬、理学療法を行うことで相乗効果があります。

COPYRIGHT(C)2009 永松整形外科 ALL RIGHTS RESERVED.