整形外科 佐倉市 リハビリテーション リウマチ ヘルニア

永松整形外科 佐倉市
診療案内 腰痛 リハビリテーション
一般整形外科
小児整形外科
スポーツ整形外科
外傷
リウマチ科
巻き爪の治療
リハビリテーション科

インフォメーション リハビリテーション
マッケンジー法について
足底板療法について
よくあるご質問
名物先生Q&A
院内風景
リンク集

医院案内 佐倉市
医院紹介・アクセス
問診表
院長挨拶
プライバシー・ポリシー

永松整形外科TOP >> 【インフォメーション】名物先生Q&A

No. 質問内容 質問者
12 最近、歩きすぎているせいか、右足の第3,4趾の辺りが痛くて痺れてきます。近くで診てもらったらモートン神経腫といわれました。
どんな病気ですか。
42歳女性

なぜか中年の女性に多く、第2.3趾間でもよく起こります。両足に起こることもあります。

もともと足の第2,3趾間、第3,4趾間は、指のまたのところの関節が狭く、その間を足の指に行く神経が走っているので、歩きすぎたり、逆に使わなくて足の筋肉が萎縮して足の横アーチが低下したり、神経の圧迫が強くなると、神経が腫れてこの病状が生じます。

炎症症状の強いときは安静にして、落ち着いてきたら、崩れたアーチを再建するために、足の指のストレッチ、筋力訓練をします。アーチをサポートするパッドなどもあります。

炎症が治まりにくいときは、内服薬、注射が有効です。

COPYRIGHT(C)2009 永松整形外科 ALL RIGHTS RESERVED.