整形外科 佐倉市 リハビリテーション リウマチ ヘルニア

永松整形外科 佐倉市
診療案内 腰痛 リハビリテーション
一般整形外科
小児整形外科
スポーツ整形外科
外傷
リウマチ科
巻き爪の治療
リハビリテーション科

インフォメーション リハビリテーション
マッケンジー法について
足底板療法について
よくあるご質問
名物先生Q&A
院内風景
リンク集

医院案内 佐倉市
医院紹介・アクセス
問診表
院長挨拶
プライバシー・ポリシー

永松整形外科TOP >> 【インフォメーション】名物先生Q&A

No. 質問内容 質問者
13 朝から急に右股関節を痛がり、足もつかなくなりました。
股関節を動かすと痛がります。近くで診てもらったら、単純性股関節炎といわれました。
ぶつけたり、捻った記憶はないのですが、どうしたのでしょうか。
6歳男児の母親

単純性股関節炎の原因ははっきりしておりませんが、幼児の年齢で起きやすいです。

とても多い病気です。股関節の一時的な滑膜の炎症と考えられております。

子供は活発に動くので負荷がかかりすぎるのかもしれません。安静にすることで1週間くらいで症状は軽快します。

ほかに股関節を痛がる病気として、股関節に膿みの溜まる化膿性股関節炎、大腿骨の骨頭の成長線のところでずれる、大体骨頭すべり症、大腿骨骨頭の成長線の先が壊死を起こすペルテス病など注意を要するものも多いので、1週間たっても症状が続くようなら、専門医を受診した方がいいと思われます。

COPYRIGHT(C)2009 永松整形外科 ALL RIGHTS RESERVED.