整形外科 佐倉市 リハビリテーション リウマチ ヘルニア

永松整形外科 佐倉市
診療案内 腰痛 リハビリテーション
一般整形外科
小児整形外科
スポーツ整形外科
外傷
リウマチ科
巻き爪の治療
リハビリテーション科

インフォメーション リハビリテーション
マッケンジー法について
足底板療法について
よくあるご質問
名物先生Q&A
院内風景
リンク集

医院案内 佐倉市
医院紹介・アクセス
問診表
院長挨拶
プライバシー・ポリシー

永松整形外科TOP >> 【インフォメーション】名物先生Q&A

No. 質問内容 質問者
02 右足の外くるぶしを骨折して、ギプスで固定するといわれました。
骨折はギプスをしなければ治らないのでしょうか。
36歳 女性

骨折は骨が折れてその間が離れた状態で、連続性が断たれています。

人間の体は黙っていても骨がくっつこうとします。

ただし、骨がくっつくためには、動かないように固定されていることが必要ですし、間に邪魔な軟部組織が入り込まないことも必要です。

位置がずれたり、関節面にかかっているとか、固定が保持できないような場合は手術が必要になります。ギプスで、固定性、安定性が保持できるものはギプスで固定するようになります。

これをテーピングとか包帯固定で保持できないかというと、できなくはないのですが、安定した位置を維持することが大変で、ギプスしたほうが安全で確実ということになります。

ただし、長期に固定すると、筋肉は萎縮し、関節は固くなります。

効率よく最小限で固定するためにレントゲン撮影をして経過を診る必要があります。

COPYRIGHT(C)2009 永松整形外科 ALL RIGHTS RESERVED.