整形外科 佐倉市 リハビリテーション リウマチ ヘルニア

永松整形外科 佐倉市
診療案内 腰痛 リハビリテーション
一般整形外科
小児整形外科
スポーツ整形外科
外傷
リウマチ科
巻き爪の治療
リハビリテーション科

インフォメーション リハビリテーション
マッケンジー法について
足底板療法について
よくあるご質問
名物先生Q&A
院内風景
リンク集

医院案内 佐倉市
医院紹介・アクセス
問診表
院長挨拶
プライバシー・ポリシー

永松整形外科TOP >> 【インフォメーション】名物先生Q&A

No. 質問内容 質問者
20 私の母も骨粗鬆症でした。私も骨粗鬆症が心配ですが、どんな人が骨粗鬆症になりやすいですか。 60歳 女性

骨粗鬆症は、加齢とともに、骨量が減少する病気です。

女性は、閉経とともに女性ホルモンが低下し、骨密度が低下しやすく、男性もある程度は骨量が減少しますが、治療が必要なほど低下することは少ないです。

喫煙、アルコールの摂取も影響し、また体型も太っているよりも痩せている方が骨密度も低下しやすいです。
両親の遺伝的な影響もあり、いずれかが大腿骨頚部骨折を起こしていると、ご自身も骨密度が低下している可能性があります。

骨粗鬆症と関係のある病気では、ステロイドという薬を使っていたり、関節リウマチがあったり、1型糖尿病、骨形成不全、栄養失調、慢性肝疾患にかかっていることも影響します。

骨粗鬆症になると、骨折がおきやすくなり、しいては寝たきりの原因になることも少なくないので、予防、治療は重要です。

COPYRIGHT(C)2009 永松整形外科 ALL RIGHTS RESERVED.