整形外科 佐倉市 リハビリテーション リウマチ ヘルニア

永松整形外科 佐倉市
診療案内 腰痛 リハビリテーション
一般整形外科
小児整形外科
スポーツ整形外科
外傷
リウマチ科
巻き爪の治療
リハビリテーション科

インフォメーション リハビリテーション
マッケンジー法について
足底板療法について
よくあるご質問
名物先生Q&A
院内風景
リンク集

医院案内 佐倉市
医院紹介・アクセス
問診表
院長挨拶
プライバシー・ポリシー

永松整形外科TOP >> 【インフォメーション】名物先生Q&A

No. 質問内容 質問者
05 右足の母指の爪が丸まって肉に食い込んで痛く邪魔になります。
何か解決法はありますか。
28歳 女性

俗に巻き爪といって、爪の角が肉に食い込んで、感染を起こしたり、爪自体も血行不良のため水虫の菌(白癬菌等の真菌)がつきやすくなり、爪が固くなります。

以前は、食い込んでいたところを切り取っていましたが、繰り返しているうちに、深爪になったり、爪が小さくなったりします。
爪を抜いても、また巻き爪になります。

そこで、爪自体の成長を矯正する方法として、超弾性ワイヤーや、形状記憶プレートを使います。 超弾性ワイヤーは、爪の先端の肉についていない白いところに2箇所穴を開けワイヤーを通します。プレートは接着剤で固定します。

プレートの場合1日2,3回ドライヤーで暖める必要があります。
程度の軽いものでも1ヶ月はつけている必要があります。

COPYRIGHT(C)2009 永松整形外科 ALL RIGHTS RESERVED.