整形外科 佐倉市 リハビリテーション リウマチ ヘルニア

永松整形外科 佐倉市
診療案内 腰痛 リハビリテーション
一般整形外科
小児整形外科
スポーツ整形外科
外傷
リウマチ科
巻き爪の治療
リハビリテーション科

インフォメーション リハビリテーション
マッケンジー法について
足底板療法について
よくあるご質問
名物先生Q&A
院内風景
リンク集

医院案内 佐倉市
医院紹介・アクセス
問診表
院長挨拶
プライバシー・ポリシー

永松整形外科TOP >> 【インフォメーション】名物先生Q&A

No. 質問内容 質問者
07 野球中に右手の薬指をつき指し、指の関節が伸びなくなってしまいました。また、よくつき指をします。
つき指の対処についても教えてください。
15歳 男性

一言でつき指といいますが、つき指にもいろいろな病態があります。

捻挫、靭帯損傷、骨折、脱臼とあり、起こる関節も第1関節第2関節とさまざまです。

応急処置で大事なことは、安静にすること、氷とかアイスノンで冷やす、腫れてこないように包帯で圧迫する、うっ血しないように挙上する事です。

また、指の先端の関節が伸びなくなったとき、これはマレット指といって先端の関節が強制的に曲げられた状態のときに生じます。指の先端の骨は末節骨といいますが、この骨の背側(爪側)に伸筋腱といって指を伸ばす腱がついています。この伸筋腱が強制的に伸ばされて、腱が切れるか、骨ごと剥がれるかして、指が伸ばせなくなります。

治療は骨折の場合は骨片が大きくて、ズレも大きければ手術が必要となります。

腱だけが切れている場合は長期間の固定が必要です。

COPYRIGHT(C)2009 永松整形外科 ALL RIGHTS RESERVED.