整形外科 佐倉市 リハビリテーション リウマチ ヘルニア

永松整形外科 佐倉市
診療案内 腰痛 リハビリテーション
一般整形外科
小児整形外科
スポーツ整形外科
外傷
リウマチ科
巻き爪の治療
リハビリテーション科

インフォメーション リハビリテーション
マッケンジー法について
足底板療法について
よくあるご質問
名物先生Q&A
院内風景
リンク集

医院案内 佐倉市
医院紹介・アクセス
問診表
院長挨拶
プライバシー・ポリシー

インフォメーション
入谷式足底板療法
NAVI
永松整形外科TOP >> 【インフォメーション】足底板療法について

テキスト01
足底板とは足の底に入れて使うもので、靴の中敷部分に挿入します。歩くときの痛みやスポーツ時の痛みなど、運動時の痛みを解消し、快適な歩行を可能にします。
テキスト02
2本足で立つヒトにとって地面と接しているのは足だけです。足がうまく機能することで足そのものはもちろん、その上部にあるひざや股関節、腰などの動きもへんかし、スムーズな動きを作り出すことができます。

足定板を入れることで足の働きや動きを操作し、その人の動きを変化させ関節や筋肉への負担を緩和させることが可能です。

特に外反母趾や変形性膝関節症変化などで歩くときの痛みでお困りの方、靭帯損傷やスポーツ障害などで思い通りの運動ができない方などにお勧めです。

また、効率的な動きを作ることができるため、運動量の多い学生選手や本格的に競技に取り組むアマチュア選手のパフォーマンスの向上や、けがからの復帰するためのトレーニング用など、幅広く利用されています。
テキスト03
年齢、性別、体系、足の大きさ、体の動き、治療目的など一人一人にあわせた測定板を作成することで、その人に合った治療効果を出すことができます。

中敷に挿入するために新しく靴を買う必要はありません。今、ある靴をお使いになってください。また、サイズや形が一緒であれば、ほかの靴にも入れ替えることができます。

1週間程度で作成できます。ただし保険は適用になりませんので自費になります。
詳しくはお問い合わせください。





仕切り
診療時間表
※土曜日午後は14:00〜16:00

【休診日】
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

サイトマップ
CSS
COPYRIGHT(C)2009 永松整形外科 ALL RIGHTS RESERVED.